指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

ほほえみの里とは?

事業案内

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム「東四つ木ほほえみの里」(指定介護老人福祉施設/指定番号1372200541)は、在宅での介護が困難な方々のために、平成10年6月に葛飾区立として3番目に開設され、平成13年4月に民営化されました。
  • 建物は全60室のうち26室を個室、16室を2人部屋(うち12室が間仕切り)で個室可能)とし、各居室にトイレ、洗面所を設置するなど、入居者のプライバシーに配慮しました。
  • 要介護認定を受けて、要介護3~5の方が対象です。申込み受付後、優先順位の高い方から面接を行い、受理になった方はお部屋が空き次第ご入所して頂きます。(定員119人)

入所までの流れはこちら

ショートステイ

「東四つ木ほほえみの里」に併設された(予防)短期入所生活介護事業(指定番号:1372200996)で、特別養護老人ホームと一体で運営しています。施設内の生活は食事・入浴・娯楽など、特別養護老人ホームの利用者と同じです。申込みは3ヶ月先までの予約が出来ます。
  • 要介護認定を受けている方は、契約をされている居宅介護支援事業者を通して予約申込みをして下さい。(定員11名)
  • 介護予防・葛飾区の高齢者生活支援ショートステイを利用される方も受け付けています。ご希望の方は、お住まいの地域包括支援センターの担当者にご相談ください。
  • 利用料は、介護保険法に基づく費用の1割と食費・居住費です。平日のみ送迎も実施しています。希望に応じて理容・美容などのサービスを実費負担で利用できます。

詳しくはこちら

施設運営理念

人の里 高齢者やその家族が抱える問題を的確に受止め、個々の利用者に必要なサービスを提供し、入所者の人権が尊重される施設です。愛の里 入所者のそれぞれが、社会を築いてきた人生の先駆者として尊重され、のびのびと生活ができるよう支援する施設です。地の里 地元町内会を始め、広く地域社会に開放され、区民に支えられ、そして信頼を得られる地域開放型の施設です。福の里 葛飾区の福祉、保健、医療が有機的連携のもとに、総合的、包括的な支援やサービスを提供できる拠点施設です。

ほほえみの里 職員心得

  1. 心からほほえみの精神を持とう
  2. 職員間の呼称はすべて○○さんづけで
  3. 5分前出勤で1日の予定確認
  4. 誠意ある言葉と対応
  5. 感情的な言葉や行動は自分の未熟さ
  6. 謙遜の気持ちを持つ人は美しい
  7. 友達関係を職場に持ち込まない
  8. 報告・連絡・相談で確実な情報伝達

Page top