指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

ほほえみの里通信

ほほえみ食通信

食事サービスのご案内

3Fパンのおかわりワゴンサービス【令和2年6月17日(水)昼食】

4月と5月は、新型コロナウイルス対応のためにやむなく中止となっておりました

パンのおかわりワゴンサービスですが、久しぶりに開催することが叶い、利用者

の皆様が大変喜ばれておりました。

おかわりパンは利用者様自身でお好きなものを選ぶことができるので、皆様真剣な

眼差しでどれにしようか迷われていましたね!美味しく楽しい素敵な時間となりま

した♪

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

'200617 3Fパンおかわりワゴンサービス (9)002 '200617 3Fパンおかわりワゴンサービス (12)002

'200617 3Fパンおかわりワゴンサービス (8)002 '200617 3Fパンおかわりワゴンサービス (2)

'200617 3Fパンおかわりワゴンサービス (19)

開設22周年記念日祝い膳【令和2年6月1日(月)昼食】

ほほえみの里が開設したのは平成10年6月1日です。本日の昼食にはささやかですがお祝い膳をご用意

させていただきました。

利用者の皆様に「今日は、ほほえみの里の22歳のお誕生日なんですよ!お祝い膳のお味はいかがですか?」

声を掛けさせていただきますと、「まぁ、キレイ!美味しそう!!」とイクラや桜デンブで彩られた

いつもより少し豪華ないなりちらし寿司に眼を輝かせて喜ばれたり、バラの花を模した黄色の練り切りを

半分に切ってみると、中身がピンク色で可愛らしいと、最初にデザートの和菓子から召し上がられていたり、

いつもより少しだけ豪華な食事に利用者の皆様が喜ばれていました。

これからも利用者の皆様が、ほほえみの里でお健やかに楽しく、“微笑んで”お過ごしいただけるよう、

食を通して努めて参ります。

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

'200601開設記念日祝い膳 (2)'200601開設記念日祝い膳 (9)'200601開設記念日祝い膳 (13)002

'200601開設記念日祝い膳 (5)'200601開設記念日祝い膳 (18)

6月の献立のご紹介

ほほえみの里は平成10年(1998年)6月1日に開設して、お陰様でこの6月で22周年を迎えます。

ささやかですが、6月1日の昼食には開設記念日はお祝い膳として、

ご馳走いなりちらし寿司・鶏肉の軟らか煮・赤出汁・季節の練切【黄色いバラ】

をご用意します。お楽しみに!

 

端午の節句【令和2年5月5日(火)】

今年の端午の節句のお祝い膳は、

筍御飯・カツオの刺身ポン酢ジュレがけ・春菊の胡麻和え・赤出汁・季節の練切【柏餅風】

をご用意しました!
'200505端午の節句①002 '200505端午の節句③002

八十八夜【令和2年5月1日(金)】

夏も近づく八十八夜♪ということで、毎月恒例の【1日のいなりちらし寿司】の日に、

香りのよい「とろろ入り茶そば」のお椀と、「抹茶水羊羹」をご用意しました。

 

'200501八十八夜いなりちらし寿司 (1)

保存検食用冷凍庫の買替え【令和2年4月15日納品】

約15年使用しておりました、保存検食用冷凍庫が前年度末に故障してしまいました。

長年使い続けた14ボックスタイプ(7段×2列)のこの冷凍庫は、2週間分の保存検食を安全に適切に

区分保管できる便利な製品でした。急きょ同製品後継機種を探して買い替え、4月になって無事搬入設置していただけました。

今後も衛生管理を徹底して、安全・安心な食事サービスを続けていっていただけるように

調理スタッフにはお願いしています。

'200415保存検食用冷凍庫更新 (7) '200415保存検食用冷凍庫更新 (6)

新人職員研修(食事・栄養)【令和2年4月13日(月)午後】

新たな仲間を迎え、新年度がスタートしました!

研修では、栄養士から当施設の食事・栄養について簡単な説明をした上で、色々な体験・試食をしていただきました。

当施設の献立の特徴、食札やトレイ・食具の名称と区分の説明、御飯や全粥の盛り付け・計量体験など基本的なことです。

粥ミキサー・極刻食(ソフト食加工)・ミキサー食を試食していただくと、他施設経験職員からは、

「前のところと比べて格段に美味しい!」と有難い高評価をいただけました。大変励みになりました。

また、別の他施設経験職員からは、研修と聞いて座学だけだと思って参加したら、

試食や体験も出来て、とてもよい研修だったとの感想をいただけたことも、嬉しかったです。

お茶ゼリーはお茶の風味もしっかりあり、甘くて美味しい。これなら利用者様も飲みやすい。

また、この研修で試食経験した美味しさを、食事介助に入る際に利用者様に丁寧に声掛けして

伝えていきたいとの、感想もありました。

素敵な新しい仲間と、より良い食事サービスを利用者様にお届けできることに期待が膨らむ研修会となりました。

'200413新人職員研修 (9) '200413新人職員研修 (7) '200413新人職員研修 (6) '200413新人職員研修 (5) '200413新人職員研修 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職員用災害備蓄の購入【令和2年3月25日(水)】

災害対策として、今年度末に職員用災害備蓄を新しく購入・保管することが災害対策委員会で決まりました。

職員のための食料もきちんと確保しておくことで、災害時も職員が安心して働き続けることができるためです。

猪狩統括主任より、以前メーカー営業より提案のあった非常食研究所の「ユニフーズ7」が

備蓄として適しているのではないかとの提案があり、メーカーよりサンプルを入手して、3月12日の職員食

にて試食会を開催しました。試食した職員からも好評で採用決定となりました。また①~③も採用の決め手

となりました。

①容器・スプーンもワンセットになっており、ライフラインが途絶えた災害時には容器を開けて常温で

そのまま食べることもできること。

②多くの利用者様への転用も可能なユニバーサルデザイン(主食は軟飯で、おかずは具材まで軟らかい)

であること。

③7年と長期保存が可能であること。

また、カロリーメイトロングライフも採用となり、両製品共に年度末には無事納品していただきました。

また4月に入ってから、正式な保管場所が決定し、無事備蓄され、職員間で情報共有されました。

'200312ユニフーズ7試食会 (1) '200312ユニフーズ7試食会 (6) '200312ユニフーズ7試食会 (4)

 

 

 

 

 

 

 

 

'200409職員用災害備蓄保管 (4) '200409職員用災害備蓄保管 (1) '200325ユニフーズ7納品 (3)

3Fパンのおかわりサービス【令和2年3月18日(水)昼食】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当初予定しておりました

3F利用者の皆様と一緒に実施する「昼ごはんの仕度~苺ジャムづくり~」は残念ながら急きょ中止となりました。

その代わり、調理室にて調理スタッフが手づくりした出来立て苺ジャムをたっぷりトッピングした

苺尽くしのおかわりパンをご用意させていただき、皆様に召し上がっていただきました。

'200318 3Fパンのおかわりワゴンサービス苺ジャム (14) '200318 3Fパンのおかわりワゴンサービス苺ジャム (9) '200318 3Fパンのおかわりワゴンサービス苺ジャム (7) '200318 3Fパンのおかわりワゴンサービス苺ジャム (5) '200318 3Fパンのおかわりワゴンサービス苺ジャム (1)

春の彼岸の入り【令和2年3月17日(火)昼食】

当施設では、毎年春と秋のお彼岸に必ずおはぎをご用意しています。

ずっと以前にはおはぎを手づくりしておりましたが、業務の都合もあり、御飯食の利用者様には既製品のおはぎとなっています。

今年もあんこ・胡麻・きな粉の3種類の味を楽しんでいただきました。

新しく入所された利用者様からは、「ここでおはぎが食べられるなんて嬉しい!」とのお言葉も頂きました

日本の風習・食文化をこれからも大切に続けていきたいと思っています。

特に力を入れていることは、全粥を食べている利用者様にも形のあるソフト食おはぎを手づくりしていることです。

いつもと違う形のある主食に利用者様も大変お喜びいただきました。見た目も大切ですね。

(・・・少しあんこの付き具合が薄かったのは要改善ですね)

'200317春の彼岸おはぎ (4) '200317春の彼岸おはぎ (3) '200317春の彼岸おはぎ (2)

 

12345...102030...

Page top