指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

ほほえみの里通信

ほほえみ食通信

食事サービスのご案内

お楽しみメニュー

 

昼食『カツオのたたき丼』
おやつ『3種のケーキの盛り合わせ』
本日、昼食には特製タレの掛かった「カツオのたたき丼」と、おやつには「ケーキの盛り合わせ」をご提供し、ご馳走メニューでこの一年を締めくくらせていただきました。特にカツオのたたきはド~ンと分厚い切り身が沢山のっていて、タレも御飯とよく合い、「美味しかった~!」と利用者様や職員から大好評でした。
年度末お楽しみメニュー1 年度末お楽しみメニュー2
「食を通して利用者様の素敵な笑顔」が拝見できますように、今年度も調理スタッフと各部署職員とアイデアを出し合い、力を合わせて、行事食やイベント食をはじめ、ソフト食や選択食・適温配膳など、様々な取り組みをして参りました。
特に「水曜パンだ!」と銘打って毎週水曜日の昼食をお楽しみパン食の日に固定し、バラエティに富んだパンの提供を工夫したところ、利用者様が大変喜ばれました。日曜日朝食のパン食と合わせて、来年度も皆様が大好きなパン食のさらなる充実に努めて参ります(パンバイキングも計画中)。お楽しみに!
新年度も利用者の皆様がお元気で心穏やかな日々を過ごされますように、食を通して努めて参ります。
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

春のお彼岸

 

昼食『おはぎ』
大地震が日本各地を襲った3月11日から1年が経ちました。東日本各地で多くの尊い命が奪われ、未だに被災地の方々が安心して暮らせる環境が整っていないことに、深い悲しみを覚えます。
いつ起こるか分からない、けれども近いうちに必ず起こるといわれている東京直下型大震災に備え、私達施設職員は出来得る準備を講じて、利用者の皆様が安心・安全な生活を維持・継続できるように努めて参ります。
本日は、彼岸の入りということで、昼食に「おはぎ」をご用意しました。
春のお彼岸 おはぎ
去年の今頃は、震災直後の製造・流通も非常事態の真っただ中でしたので、食材の仕入れが確保できるか、当日朝まで不安でしたが、利用者の皆様が何より楽しみにされている「お彼岸のおはぎ」が無事提供できたことに安堵したことを思い出します。また、その後も様々な食材変更や献立制約がある中、被災地のことを思い、利用者の皆様にご理解を示していただきながらの、食事の提供でした(特にパンや牛乳・乳製品の仕入れが困難でした)。今現在、日常の仕入れ・調理・提供が滞りなく行えていることに、感謝の気持ちを持って業務を行っています。
今回も「おはぎのソフト食」提供をしました。飲み込みやすく、見た目もおはぎに近いあんこと黄名粉のソフト食をつくることにこだわっています。最近は、市販品で「やわらかおはぎ」なども販売されているようですが、コスト面と当施設の利用者に合った硬さ・なめらかさがポイントなので、手づくりで多少不格好なところもご愛敬なのです!
全ての利用者様に「お彼岸のおはぎ」を楽しんでいただけ、調理スタッフも喜んでおりました。次回の「秋のお彼岸」が待ち遠しいですね~。
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

ひな祭り

ひな祭り1

昼食『ひな祭り祝い膳』
おやつ『おひな様桜餅』
今年のひな祭りのお祝い膳は、桜ちらし寿司、天ぷら盛り合わせ、三色煮豆、蛤の潮汁、甘酒ムースをご用意しました。まだ肌寒い今日この頃ですが、利用者の皆様にはお祝い膳の中に、ひと足早い春の訪れを感じていただけたのではないかと思います!
ひな祭り2
おやつには、おひな様桜餅をご用意しました。この桜餅は、当施設忘年会の餅つきでお馴染みの「粥餅(代替餅)」を春らしくほんのりピンクに色付けてアレンジしたもので、実は中にあんこが入っています。そして上には、イチゴを胴体、ボーロをお顔に見立てた、おひな様がのせてあります。
ひな祭り3 ひな祭り4ひな祭り5
一体一体心を込めてお顔を描いておつくりしましたので、利用者様が配られたおやつの小さなおひな様のお顔を、愛おしそうにしばし見つめ、その後二コリと微笑んでおられる優しいお姿を見ると、調理スタッフの気持ちがお一人お一人にきちんと届いていると感じられ嬉しくなります。お口に含むと、粥餅とあんこのなめらかな甘さとイチゴの甘酸っぱさがベストマッチで、皆様大変喜ばれておりました♪
世間では、関東風桜餅(小麦粉生地)や関西風桜餅(道明寺粉生地)が一般的ですが、高齢者が安全に美味しく食べられる餅風和菓子として「ほほえみ流桜餅」はグッドアイデアでした!また、さらなるアレンジのアイデアも浮かび・・・、益々進化していく予定です。お楽しみ~!!
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

バレンタインデイ

 

おやつ『バレンタインラブラブスフレ』
利用者の皆様、ハッピーバレンタイン♪
 バレンタインラブラブスフレ1
今年のバレンタインデイは、チョコレートと卵と牛乳と生クリームでつくったスフレ風フワフワチョコの上に、深紅と黄色のハート型ゼリーやハート型ミニチョコを散りばめました。とっても濃厚なスフレ風チョコの甘さと、ラズベリーやオレンジでつくったハートゼリーの甘酸っぱさのコントラストを楽しんでいただきたいと思い、心を込めてつくりました。
バレンタインラブラブスフレ2 バレンタインラブラブスフレ3バレンタインラブラブスフレ4
皆様には調理スタッフ一同の愛の深さ!?が届きましたでしょうか(笑)。
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

節分

 

昼食『豆ヒジキ御飯&イワシのつみれ煮』
おやつ『季節の練り切り 節分の鬼』
寒い日が続きますが、もうすぐそこまで春はやってきています。明日の立春を前に、午前中には【豆まき】が行われ、邪気を払い、ほほえみの里に福を呼び込みました。
さらに今年も利用者の皆様に、おやつに出て来た【青鬼、黄鬼、赤鬼の練り切り(長芋と白インゲン豆でつくったなめらかな和菓子)】を見事成敗していただきました。この鬼達があまりにも可愛い顔をしていたので、食べてしまうのが少しかわいそうな気もしましたが・・・、そこは心を鬼にして、「エイ、ヤ~!」と皆様で力を合わせて鬼退治(美味しく完食)していただけたので、感謝致します!!
節分3青鬼 節分5赤鬼 節分4黄鬼
今年も昼食には、大豆と枝豆が沢山入った「豆ヒジキ御飯」や「イワシのつみれ煮」といった栄養満点の食事を美味しく召し上がっていただき、皆様の無病息災を祈願しました。春が待ち遠しいですねっ♪
節分1 節分2(ソフト食)
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

ある日の出来事

 

昼食『いなり寿司の日』
 ポスター
新年を迎えるにあたり、三が日の昼食には縁起物のお節料理を沢山盛り込んだ祝い膳をご用意し、皆様に大変喜んでいただきました。
ところがそれから数日後、3F利用者のS様とおしゃべりをした際、「1日はおいなりさんじゃなかったの?」と・・・。また、それから数日後、4FのT様から、「今月はおいなりさんは出ないの?」と・・・。その際、お二人共に、「おいなりさん大好き」、「おいなりさん楽しみ」と日頃の想いを改めて口に出して語って下さいました。
昨年の3月や5月に、祝い膳として具沢山のご馳走いなり寿司をご用意したときに手応えを感じたものですから、実は8月から少しこだわりを持って「毎月1日にいなり寿司」を献立に組み込んで参りました。お揚げが甘辛く炊けていて、毎回大好評です。そんなこともあり、すっかり利用者様の中のお楽しみ献立のひとつとして定着していたようで、大々的に宣伝はして参りませんでしたが、嬉しい反響でした!
稲荷寿司1 稲荷寿司2
近隣のいくつかの施設では、「1日は赤飯」で月替わりの初日を祝うそうですが、ほほえみの里新名物!?「1日のおいなりさん」のファンが益々増えますように、これからも大切にしていきます。ただし、今後も正月元日と6月1日の開設記念日だけはご勘弁下さいませ(ご馳走祝い膳に全力投球する為)。
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

副食の提供方法について、

 

フロア適温配膳に向けて、『ホットストッカー』の搬入設置
 副食フロア適温配膳1
「温かい料理を温かく。冷たい料理を冷たく。もっと美味しく、楽しくお食事を利用者の皆様にお届けしたい。」という想いが強くありますが、建物の構造上容易ではなく、当施設の長年の課題(悩み)でした。一昨年10月には、保温・保冷ボックス「サーモポート」を活用して保温保管後、フロア配膳室カウンターで盛付けるという方法を、デモ機にて全フロアで試みましたが、残念ながら最善の結果(温かさと美味しさのキープ)は得られませんでした。
その後も、様々な案(一時は新調理システムの導入案も浮上)が上がり、上司・調理スタッフ・給食設備業者と、どのようなやり方(設備・コスト・時間・マンパワーなど)が導入可能か何度も検討を重ねた結果、この度各フロア配膳室に「ホットストッカー」を設置する方法が採用となりました!手狭な配膳室に業務用給食設備をドンと設置するのですから、スペースを確保するための整備(フロアとの調整)も必要でした。けれども本来の配膳室としての環境(ダムウェーター直結、カウンター越し食堂、水回りなど)はもちろん整っているため、今の当施設が導入できる最適な方法が見つかったといえます。
後付け設備のため、給排水工事が必要な温蔵庫は採用できませんでしたが、ホットストッカーはアナログ的ながらも、加湿ボックスに使用前給水、使用後排水することで、充分な保温と加湿が維持でき、一般的に聞かれる温冷配膳車保管による料理のカピカピ乾燥や肉のしまりが見られないことが分かって、結果良好です。また、皿盛り料理をシートパンに並べ、全体をラップ密閉して保温保管するので、皿毎に個々蓋をする必要もなく、皿のサイズや形別に何種類も蓋を購入することも、その保管場所も、その洗い物の手間もないので、これも結果良好です。
副食フロア適温配膳2 副食フロア適温配膳3副食フロア適温配膳4
今後、実際にシミュレーションを重ね、来年度実務開始に向けて、準備を進めていきます。安全衛生第一に、そしてミスなく、尚且つ効率よく業務を進めていくためには、介護職員と調理スタッフの連携がとても重要になります。まだまだ試行段階ですが、今後施設全体でより良い方法を検討していきます。
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

食事用トレイの買替

 

『全トレイをリニューアル』
補充しながら約14年間愛用したトレイを、1月10日に全交換しました。新年を迎えてピカピカ新品トレイに変わり、利用者の皆様に気持よく食事を召し上がっていただけ、調理スタッフのモチベーションも高まります。
新トレー全交換1
日常的に使用するトレイは正方形でコンパクトなタイプ(行事食用は黒塗長方形タイプ)ですが、お料理を彩る多種多様な食器類と共に、配膳運搬目的以外にも、食事を引き立てる名脇役として大切な存在です。買替えに際して、各メーカー様にご協力いただき、複数サンプル入手して選定しました。自立度の高い一部の利用者様は配膳車から自己配膳するので、①持ちやすく、特に縁のアールの感覚が現状と変わらないこと。②重さと厚みのバランス良好で、比較的重量のある磁器食器をのせてもたわまないこと。そして、③カラーバリエーションが選考理由です。来年度から、各フロア配膳室でホットストッカーによる副食の保温保管を開始する予定があり、「調理スタッフが介護職員と協働で、利用者様に直接温かいお食事(主に主菜)をお届けしたい」という想いから、食事形態の食札カラーと一部リンクさせた、カラフルトレイの導入により誤配膳防止を図ります。
開設以来、茶碗とトレイはシンプルなオフホワイト系で、副食の器はメラミン食器、磁器、強化磁器などの材質を織り交ぜながら、比較的ビビットな原色を取り揃えてきました。ところが、近年ご高齢な利用者様にとって、食事・料理が認識しやすいのは、やはり濃い色やハッキリと内側に色柄のあるものということを、食事中のご様子(認識・すくいやすさ・食べ残しの有無など)から実感したこともあり、買替えの時機を迎えた茶碗やトレイの色にも配慮しました。
まず、昨年7月に御飯茶碗・粥茶碗を黒や茶系のものにし、そして、この度トレイを全交換する際は、常食はオレンジ色、刻み食はレモン色、極刻食(ソフト食加工)はピンク色、ミキサー食は白地にドット柄を選定しました。
新トレー全交換2常食 新トレー全交換3刻み食新トレー全交換5ミキサー食新トレー全交換4極刻食
4つの食事形態別に4色のトレイが食堂のテーブルを彩る様は、華やかで明るい食卓の風景となっています。このことで利用者様の食欲が増し、料理の認識や食べやすさが増し、より一層美味しく楽しい食事の時間をお過ごしいただければ嬉しいことです。
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

正月祝い膳

 

昼食『お節料理』
新年明けましておめでとうございます。
今年も皆様のご健康とご多幸を祈願し、お節料理を三が日の昼食に心を込めてつくらせていただきました。お味はいかがでしたでしょうか?
縁起のよい祝い料理を調理スタッフが丁寧に調理し、松花堂弁当箱や朱赤の大皿にキレイに盛り付けて、新年をお祝いするおめでたさを表しました。どれも美味しかったですよね。
お節料理1元旦常食 お節料理3二日常食 お節料理5三日常食
特にソフト食のお節は、常食のお料理に引けを取らない、彩りのよい見た目と形、味わいがあり、多くの利用者様にご満足いただけました。食事もすすみ、会話も弾んでいましたね。ゆったりのんびりした素敵なお正月でした。
 お節料理2元旦ソフト食 お節料理4二日ソフト食 お節料理6三日ソフト食
利用者様・ご家族様・ボランティア様にとって、また職員にとっても、素晴らしい一年になりますように。昇り龍のように何事にも上昇運の一年にしましょう!今年もどうぞよろしくお願い致します。
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

大晦日

 

昼食『年越し天ぷらソバ』
夜食『年越しソバ』(希望者のみ)
大晦日になると一年の締めくくりに縁起物の年越しそばを食べたくなるものですね。数日前に2Fの利用者S様から、「今年の年越しそばはどうなの?」とご質問があり、例年通り、昼食に天ぷらそばを全員で召し上がっていただき、夜勤職員と一緒に紅白などを見ながら起きている方には、夜食にも年越しそばを楽しんでいただけることを伝えると、安心されたようで微笑んでいらっしゃいました。また当日朝にも、3Fの利用者M様が楽しみしていると高野副主任に声を掛けてこられたそうで、その報告を受けて私も嬉しくなりました。今年の昼食年越しそばにはエビ天が2尾も入っていて、豪華で美味しかったですね。夜食の年越しそばを楽しまれた方は、全フロアで15名程度だったそうですが、日本の食文化を今後も大切にしていきたいものです。
 昼食年越し天ぷらソバ1 昼食年越し天ぷらソバ2 昼食年越し天ぷらソバ3
皆様、今年一年大変お世話になりました。よいお年をお迎え下さいませ。
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top