指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

ほほえみの里通信

ほほえみ食通信

食事サービスのご案内

職員食お楽しみメニュー

昼食『カレーバイキング』(職員食)

ここ数年、職員食にも特別メニューを年度末(3月末)に提供しています。今年度は初めて年末(12月末)にも『年忘れおでんday』&『ヨナナス体験会』を職員食対象に開催したこともあり、中々評判が良い取り組みなのです。

本日、利用者様にはお楽しみメニューとして、スペシャルなお肉でご馳走カレーライスをご提供しましたが、職員食では、モリモリ沢山選んで食べていただけるように、カレーに合うトッピングのバイキングとしました(残念ながら職員食はスペシャルなお肉ではなかった・・・笑)。普段から、利用者様はもちろん職員にもカレーライスは大好評なのですが、本日は、さらに多くの職員から申込みがあり、お腹いっぱい食べていただき、とても喜んでいただけたので、調理スタッフも感激しておりました。

年度末職員食カレーバイキング4 年度末職員食カレーバイキング1 年度末職員食カレーバイキング3 年度末職員食カレーバイキング2
特に女性職員から人気があったのは、調理スタッフ特製「クレームブリュレ」でした。見た目も味もgoodでした!

年度末職員食カレーバイキング5

またの機会にご提供させていただきたいと思います。

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

お楽しみメニュー

昼食『ご馳走カレーライス』

この一年「食事を通して利用者の皆様の素敵な笑顔が沢山沢山見られますように!」と、調理スタッフと共に、美味しく楽しい食事の提供に努めて参りました。

本日は、今年度の締めくくりに相応しい、さらに素敵な時間をお届けできるようにと、特別なご馳走献立をご用意しました!
日頃大人気のカレーライスに、お肉を大奮発して(笑)、軟らかい牛サーロインにし、たっぷりの野菜とじっくりコトコト煮込みました。また、仕上げには旬のスナップエンドウを彩りよく散らしました。とろけるお肉の旨味が、いつもにも増してカレーを美味しくしていましたね。また、スナップエンドウの青い風味が季節を感じる味わいでしたね。
さらに小海老のカクテルサラダにカフェオレ、デザートには、プリン・ア・ラ・モードをご用意。どれもご満足いただけたようで、利用者の皆様の素敵な笑顔に沢山沢山出会えました。ありがとうございました。

本日使ったスナップエンドウは、前日の夕食前の時間にお二人の利用者様にご協力いただき、一緒に筋取りをしていただいたものです。ご家庭で食事の仕度をされていた頃を思い出されながら、おしゃべりしながらの作業でした。絹サヤの筋取りと比べると、かなり筋が硬くて指先に力がいりましたが、お二人共とても手際が良くあっという間の作業でした。

スナップエンドウ筋取(0328ご馳走カレー青味)① スナップエンドウ筋取(0328ご馳走カレー青味)②

どうもありがとうございました。

新年度も利用者の皆様がお元気で心穏やかな日々を過ごされますように、食を通して努めて参ります。

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

2F昼ごはんの仕度(パンバイキング)

昼食前『2Fにてパンバイキング』

本日2Fにて、利用者の皆様と昼食をつくる「昼ごはんの仕度&パンバイキング」が開催されました。
2Fでの感染症対策のため、利用者様の体験の部分は急きょ控えさせていただくことになりましたが、調理スタッフが楽しく分かりやすく実演調理を実施しました。

2F昼ごはんの仕度&パンバイキング② 2F昼ごはんの仕度&パンバイキング③

大勢の皆様が調理コーナー近くまで大集合して下さり、真剣な眼差しでその様子を見て下さいました。調理スタッフも手前の利用者様から奥の利用者様まで聞こえやすいように大きな声で説明を心掛けていました。

2F昼ごはんの仕度&パンバイキング①
ちょっとしたアイデアで、調理工程でフレンチトーストに加えたバニラエッセンス(料理用香料)の小ビンを、利用者様の鼻先へ持って回り、「よくお菓子づくりに使われるバニラの香料ですよ~」と説明すると、くんくんと鼻を近付けて、ニンマリとされ、その甘~い香りを楽しまれておりましたね。

料理が配膳されると、調理スタッフが利用者様のテーブルをまわらせていただき、バイキングを楽しんでいただきました。なるべく心掛けたのは、出来る利用者様にはトングを手渡し、自ら選んで取っていただくことです。自分で選ぶことも、手先を使うことも、利用者様にとって大切な行為だと思うからです。

2F昼ごはんの仕度&パンバイキング④ 2F昼ごはんの仕度&パンバイキング⑥
何度もおかわりを希望される方もおり、大好評でした。また、コーヒー通の方が2Fの利用者様で10名程おり、パンと一緒に楽しんでいただきました。

2F昼ごはんの仕度&パンバイキング⑤

本日2F開催で、全フロア終了となりました。急きょ昼ごはんの仕度とパンバイキングを合体させてのイベント開催でしたが、結果的に大成功だったと思います。利用者様が自ら参加できる楽しい食のイベントを今後も企画し、もっと利用者様に素敵な時間をお届けできるように調理スタッフと共に努力していきたいと思います。各部署の理解と協力の元、無事開催できたことに深く感謝しております。

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

ひな祭り

昼食『ひな祭り祝い膳』
おやつ『ひな祭りムース』

毎年、施設の入り口には、七段飾りの立派なお雛様が飾られ、利用者様・ご家族様・職員の目を楽しませてくれています。寂しいことに、最近はこの雅な雛飾りをする風習もめっきり減っているようなので、この時期1階でキレイなお雛様を拝見できることは、とても楽しみですね。

今年のひな祭りのお祝い膳は、皆様が大好きな春色満開の桜ちらし寿司と、春野菜の炊き合わせ、三色煮豆、蛤の潮汁、苺ミルキィゼリーをご用意しました。

ひな祭①祝い膳 ひな祭②祝い膳 ひな祭③祝い膳

彩りよく盛り付けられた祝い膳の中に、ひと足早い春の訪れが感じられましたね。おやつには、ピンク色・白色・緑色の三層重ねのムースの上に苺でお雛様を表現しました♪調理スタッフが一つ一つ心を込めてお顔を描きました。とても可愛らしいお内裏様とお雛様でしたね。

ひな祭④おやつ

もちろんとても美味しかったですよね!

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

4F昼ごはんの仕度(パンバイキング)

昼食前『4Fにてパンバイキング』

本日4Fにて、利用者の皆様と昼食をつくる「昼ごはんの仕度&パンバイキング
を開催しました。

フレンチトーストづくりは、簡単な作業でしたが、卵を割る、材料を混ぜるなど利用者の皆様が楽しく調理されていました。調理スタッフがホットプレートでトーストを焼き上げると焦がしバターの香りが拡がり、食堂にいる方全ての食欲を刺激しているようでした。

4F昼ごはんの仕度&パンバイキング①
苺スライサーは珍しさもあり、皆様興味津々な様子でした。中には、面白いように切れるので、1粒2粒とは言わずにもっともっとやりたいとのご意見もありました。

4F昼ごはんの仕度&パンバイキング② 4F昼ごはんの仕度&パンバイキング④ 4F昼ごはんの仕度&パンバイキング③
バイキングには、既製品のカレーパンやチョコパン、手づくりピザトーストやリンゴケーキなどの調理スタッフの力作以外にも、中身にあんこやクリームチーズを挟んだ「パンダサンド(パンダの顔型に抜いたサンド)」をご用意したところ、可愛さと持ちやすさ食べやすさもあり人気でした。

4F昼ごはんの仕度&パンバイキング⑤ 4F昼ごはんの仕度&パンバイキング⑥

前回の3F開催の反省で、最初の皿盛り量のボリュームがあり過ぎて、おかわり分は沢山食べられないという意見を参考に、やや量的調整を掛けましたが、どのパンもとても美味しかったので、利用者様は大変喜ばれ沢山召し上がられておりました。バイキングが終了した翌日にも、昨日のことを思い出されて「パン大好き」と声を掛けて下さる方がおりました。こういった形でバイキングを実施することができて本当によかったです。また希望される方のためにと、コーヒーをご用意したところ、7~8名程の方が、パンとコーヒーの味わいを楽しまれていました。これからも利用者様のニーズをくみ取りながら、楽しいイベント開催につなげていきたいと思います。

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

3F昼ごはんの仕度(パンバイキング)

昼食前『3Fにてパンバイキング』

今年度2回目の「昼ごはんの仕度(汁物づくりor土鍋で炊飯or餃子づくり)」は、残念ながら業務等の都合により中止となりました。そんな中、2,3月に計画していた「パンバイキング」の食事時間前を利用して、「バイキングで出す料理の中から簡単な調理実演・体験をしていただき、利用者様に楽しんでいただくことはできないだろうか?」と思い付きました。この提案を各フロア副主任に相談したところ快諾していただき、急きょ「昼ごはんの仕度&パンバイキング」のコラボレーションイベントが実現しました。【出来ないのではなく、どう工夫すれば出来るようになるか】を大切に、調理スタッフ・介護職員と柔軟な発想で企画見直しができたことは大変意義があります。通常水曜日がパン食の日(愛称「水曜パンだ」の日)としていますが、今回は職員体制が整いやすい木曜日開催だったことも、その一つといえます。その甲斐あって、利用者様に五感を刺激する美味しいパン調理実演&体験を楽しんでいただくことができました。
第1回目は3Fでの開催となり、調理スタッフの分かりやすい説明の元、利用者様とフレンチトーストをつくりました。卵を割る、材料を混ぜる、パンを卵液に浸すなどの調理工程を、大勢の利用者様に体験していただきました。最後に調理スタッフがホットプレートを使って、利用者様の目の前でトーストを焼き上げると、バターと砂糖と卵のこんがりと甘い香りが食堂中に拡がりました。焼き立てのプレートを持って調理スタッフが各テーブルを回り、皆様にお披露目しました。出来上がりを切って、おかわり用として銀盆に盛り付けました。

'140220 3F昼ごはんの仕度&パンバイキング②'140220 3F昼ごはんの仕度&パンバイキング③

 

また、今回苺スライサーとバナナスライサーをご用意し、利用者様の各テーブルを回ってご自身で切っていただきました。この道具を使うと、片手で軽い力だけで果物をキレイに刻むことができるので、利用者様も「あら!」とビックリして、素敵な笑顔になっていました。刻んだ果物はバイキング時に、パンのトッピングとして味わっていただきました。いつもの「昼ごはんの仕度」では、利用者様に調理コーナーまで来ていただき、包丁やまな板を使って素材を刻んでいただくことが多い中、今回の果物スライサーは、職員側が利用者様の食席を回って、手軽に体験していただけるため、大勢の利用者様が参加できたことが良好でした。'140220 3F昼ごはんの仕度&パンバイキング⑤'140220 3F昼ごはんの仕度&パンバイキング④'140220 3F昼ごはんの仕度&パンバイキング⑥
バイキングは、調理スタッフのワゴンサービスの元、利用者様に好きなパンや果物やソースを選んでいただきながら、楽しく味わっていただきました。

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

バレンタインデー

おやつ『バレンタインチョコムース』

利用者の皆様、ハッピーバレンタイン♪

なめらかチョコムースの甘さと、ラズベリーでつくったハートゼリーの甘酸っぱさが、ベリーマッチでしたね。今年は特に「深紅の大きなハート
が印象的で、これはきっと調理スタッフの利用者の皆様への、愛の大きさの表れかもしれませんよ。皆様受け止めて下さいね!'140214バレンタインチョコムース

夕方から天気予報通りしんしんと雪が舞い、夜には記録的な積雪量に。いつもの見慣れた葛飾の街並みが、全く違う光景に様変わりしていて本当にビックリしました。静けさの中に照明が点いているかのような雪明りで、ふかふかの新雪を踏みしめて、少しテンション高めで帰宅しました。

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

節分

昼食『豆ヒジキ御飯&イワシのつみれ煮』

節分1
おやつ『季節の練り切り 節分の鬼』

毎年立春の前日の「節分」には、邪気を払い、ほほえみの里に福を呼び込んでいただこうと、節分にちなんだ食事とおやつをご用意しております。
恒例となりました【青鬼、黄鬼、赤鬼の練り切り】を今年もおやつにご用意し、利用者様に鬼退治(美味しく完食)していただきました。この鬼達は長芋と白インゲン豆でつくったなめらかで美味しい和菓子で、ひとつひとつ調理スタッフが手づくりしているので表情も様々。悪い鬼には見えないとても可愛い顔をしているものですから、食べるのがかわいそうとの声も聞かれるほどです(笑)。

節分2 節分3

暦の上で季節の変わり目ですが、まだまだ寒さも厳しい時期です。風邪・インフルエンザ・ノロウィルスといった感染症という鬼に負けないで、利用者様には元気に過ごしていただければと思っています。

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

小正月

夕食『小豆粥』

ほほえみの里では、全利用者様にお粥を提供する日が年2回あります。正月7日の七草に「七草粥」と、15日の小正月に「小豆粥」です。季節の食べ物として、お腹に優しい粥食を味わっていただいています。

小正月① 小正月②
ちなみに他の施設では、普段の朝食に全利用者様粥食の献立の日もあるそうです。高齢者の皆様へ消化吸収のよい朝粥習慣という考えとのことです。

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

正月祝い膳

昼食『お節料理』

新年明けましておめでとうございます。

今年も皆様のご健康とご多幸を祈願し、三が日の昼食に縁起のよいお節料理の数々を、心を込めてつくらせていただきました。また、元日には皆様の今年一年の無病息災を願い、お屠蘇(本ミリンと清酒に屠蘇散を一晩浸けたもの)と祝杯の飲み物(ビール・清酒・ジュース類)をご用意しました。

元日には、重箱料理をイメージして、9種の味わいを彩りよくミニ小鉢に盛り付けて松花堂弁当箱に詰めました。手間の掛かる仕込みと調理でしたが、一つ一つとても丁寧な仕事を心掛けました。その一皿一皿を手に取った利用者様から、「美味しい!」との声を沢山頂戴致しました。また粥餅をアレンジした、雑煮風清汁も美味しくでき、餅らしさを味わっていただくことができました。

正月祝い膳①

二日目には、海鮮バラちらし寿司をご用意しました。正月祝い膳としてバラちらしを出すことは初めてだったのですが、華やかさが加わり、お節料理と共に大好評でした。

正月祝い膳③

三日目は、例年好評のカニの甲羅グラタンをメインに据え、周りに定番のお節料理を盛り合わせました。バラエティに富んだ祝い膳で大変喜ばれました。

正月祝い膳⑤

また、ソフト食のお節料理にも例年通り力を入れました。常食同様の彩りのよい見た目と形、味わいを再現できていたと思います。多くの利用者様にご満足いただけました。

正月祝い膳② 正月祝い膳④ 正月祝い膳⑥

利用者様・ご家族様・ボランティア様にとって、また職員にとっても、素晴らしい一年になりますように。今年もどうぞよろしくお願い致します。

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top