指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

ほほえみの里通信

ほほえみ食通信

食事サービスのご案内

4F昼ごはんの仕度(味噌汁づくり)

昼食前『4Fにて汁物づくり~味噌汁~』

 

本日、利用者の皆様と昼食をつくるイベント「昼ごはんの仕度」が4Fで開催され、利用者様からのリクエストの「味噌汁」を一緒につくりました。4Fからは玉ネギとジャガ芋のシンプルな味噌汁の希望があり、調理スタッフと相談して、今が旬の新玉ネギを仕入れることとし、また人参も彩りで追加しました。「おもちゃの兵隊のマーチ♪」をテーマソングに高らかに流し、本日の食材の産地を紹介して、いよいよ開始です。

’160331 4F昼ごはんの仕度味噌汁づくり (8)シンプルな味噌汁だからこそ、本日はカツオ節でだしを取るところから、利用者様にお願いしました。大きな鍋にカツオ節を振り入れていただき、湯が沸いたところで、網ですくっていただきました。とても細かい作業ですが、お二人の利用者様が丁寧に細やかにおだしを取って下さり、食堂は美味しいカツオだしの香りに包まれました。また、野菜の皮剥きや切り物をお願いすると、皆様積極的に参加して下さりました。

 

 

 

’160331 4F昼ごはんの仕度味噌汁づくり (13)003’160331 4F昼ごはんの仕度味噌汁づくり (20)002

ご家庭で当たり前にやっていた、食事の準備ですから、皆様ちゃかちゃかっと、手際良く調理して下さいます。危ないからゆっくりゆっくりとのこちらの心配をよそに、主婦パワー全開です。また、ご自身で上手に切り物ができない方も、介護職員と二人で力を合わせて本当に皆様楽しそうに作業され、大感激していました。

’160331 4F昼ごはんの仕度味噌汁づくり (34)002’160331 4F昼ごはんの仕度味噌汁づくり (29)002

食材の下ごしらえが一通り終わると、利用者様数人に鍋に食材を入れて頂き、煮込み開始。仕上げに味噌を溶き入れていただき、味見もお願いした利用者様のお姿が、まるでお味噌のコマーシャルのように素敵な笑顔で「美味しい!」と。“これぞ日本の心、お袋の味!”と思わずキャッチコピーが浮かんできました・・・。

’160331 4F昼ごはんの仕度味噌汁づくり (23)003

少し野菜の下ごしらえに時間を掛けてしまい、具材の煮込み不足があったことが、反省です。新玉ネギはシャキシャキ感が残っていて食感良好でしたが、人参が多少硬かったのです・・・。味は最高でした!!

今年度の昼ごはんの仕度も、各フロアのテーマ・料理で、利用者様と職員・調理スタッフと共に楽しい時間を過ごすことができました。施設生活の中でも、利用者様自身ができること、関われることを、食を通してご提供することが使命と想い、調理スタッフと力を合わせて、これからも努めて参ります。ありがとうございました。

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

年度末お楽しみ献立

昼食『まぐろのユッケ丼』

おやつ『カスタードプディング・紅茶』

 

この一年「食事を通して利用者の皆様の素敵な笑顔が沢山沢山見られますように!」と、調理スタッフと共に、美味しく楽しい食事の提供に努めて参りました。本日は、今年度の締めくくりに相応しい、さらに素敵な時間をお届けできるようにと、特別なご馳走献立をご用意しました!

'160329年度末お楽しみ献立①

'160329年度末お楽しみ献立④

 

 

 

 

 

 

 

 

利用者の皆様が大好きなマグロを、甘辛いタレに漬け込んで、真ん中に温泉卵をポンとのせた、まぐろのユッケ丼です。いつもの和食とはひと味違った、マグロの楽しみ方で、皆様に大満足していただくことができました♪

また、おやつには、昔懐かしいカスタードプディングをつくりました。どちらも利用者の皆様の素敵な笑顔に沢山沢山出会えました。

一年間ありがとうございました。'160329年度末お楽しみ献立⑦

 

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

年度末職員食スペシャル

昼食『焼そば&ナポリタンの食べ放題』

 

不定期ですが、年に5~6回職員食でもお楽しみイベント食(1品料理取り放題や食べ放題などの企画)があり、職員のモチベーションアップにも一役買っています(特に午後の仕事の活力になるとの意見多数)。その都度、職員にアンケートを依頼し、意見や感想・リクエストなどをいただくことで、その後の業務の改善や職員食献立に反映させるように努めています。 

その中から本日は「焼そばやパスタが食べたい」とのリクエストに応えた、年度末職員食スペシャル献立でした。日頃、職員食で提供がなかった献立だったので、どちらも大変喜ばれました。また、食べ放題だったので、2品とも山盛りにしてお腹一杯食べられたので、大満足!との感想を沢山いただきました。

新年度も、利用者様のために仕事が頑張れるように、美味しい職員食の提供に調理スタッフと共に努めて参ります。

’160325年度末お楽しみニコの日 (3) ’160325年度末お楽しみニコの日 (7)

’160325年度末お楽しみニコの日 (6)’160325年度末お楽しみニコの日 (5)

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

 

3F昼ごはんの仕度(豚汁づくり)

 昼食前『3Fにて汁物づくり~豚汁~』

 

本日、利用者の皆様と昼食をつくるイベント「昼ごはんの仕度」が3Fで開催され、利用者様からのリクエストの「豚汁」を一緒につくりました。開始前には、調理コーナーを利用者様がぐるりと囲んで待機していて下さり、皆様の期待感の高さが伺えました!「おもちゃの兵隊のマーチ♪」をテーマソングに高らかに流して、いよいよ開始です。

'160324昼ごはんの仕度3F汁物づくり豚汁 (1)

 

'160324昼ごはんの仕度3F汁物づくり豚汁 (11)002

'160324昼ごはんの仕度3F汁物づくり豚汁 (6)002'160324昼ごはんの仕度3F汁物づくり豚汁 (22)002

最初に、調理スタッフより本日の食材の紹介をさせていただいた後、皮むき器で野菜の皮を剥いていただいたり、包丁で刻んでいただいたり、シメジを手でほぐしていだいたりと、順番にお願いしました。ご自身で上手に切り物ができる方はもちろんのこと、難しい方は職員が手を添え、二人で力を合わせて作業をされました。ゆっくりゆっくりですが、皆様とても真剣な表情で、そして楽しそうに参加して下さいました。

中でも今年百歳を迎える利用者様にシメジをほぐしていただいたところ、シメジ1本1本の傘を上に、トレイの上に横一線にキレイに並べて下さる様に職員一同感動!!丁寧で几帳面なお人柄が伺え、料理に限らず何事についても、私達が見習わなければならない姿勢だと思いました。'160324昼ごはんの仕度3F汁物づくり豚汁 (17)

食材の下ごしらえが一通り終わると、いよいよ加熱です。油を引いた鍋に豚肉を炒め、硬い食材から順番に投入していただき、油が回ったところで出汁を入れてコトコトと煮込みました。火が通ったところで、利用者様に調味料を入れていただき、味付をしました。充分に煮上がったところで、最後に味噌を溶き入れていただき、味見も利用者様にお願いしました。料理上手の利用者様の「うん、美味しい!」の一言で完成し、周りから拍手~!!'160324昼ごはんの仕度3F汁物づくり豚汁 (28)

完成した豚汁の鍋を、食事が配膳される直前の利用者様の元を回って出来栄えと匂いをお披露目すると、調理には参加されなかった男性利用者様から早速「味見させてよ!」の声。熱々のところをお椀に少しよそって、一足早く飲んでいただいたところ、「美味しい!」との評価。「皆様で力を合わせてつくったから、特別に美味しいのですよ。」とお伝えしました。その後、食事が運ばれると、皆様嬉しそうに豚汁を召し上がられていました!

3月末には、4Fでも開催します。お楽しみに!

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

春のお彼岸

昼食『おはぎ』

 

当施設では春と秋の年2回、昼食に「おはぎ」を提供することを、開設以来ずっと大切にしています。

以前は、粥食の方には、おはぎではなく小豆粥(小豆入りの甘い粥)を提供していましたが、6年程前より全粥の方には「ソフト食おはぎ」を作成して提供するようになり、とても喜ばれています。その後、粥ミキサーの方にも形あるおはぎを食べていただきたいという想いから、「ミキサー食おはぎ」にも挑戦するようになり、現在はミキサー食の方でも、おはぎ風に形のある食形態でこの日は楽しんでいただけるようになりました。

'160317彼岸の入り①

 

 

 

 

 

 

 

一方、開設当初は調理室で作成した「手づくりおはぎ」のご提供でしたが 、ソフト食やミキサー食のおはぎづくりに全力で取り組むために、こちらは市販の既製品を購入するようになって大分経ちます。

'160317彼岸の入り④'160317彼岸の入り⑤

 

 

 

 

 

 

 

例年おはぎは、あんこ2個ときな粉2個の2種類4個をご用意しているのですが、今年は仕入れの都合できな粉が不足してしまい、急きょあんこに黒胡麻をまぶしてアレンジすることにしました。3種類のおはぎの味が楽しめたので、利用者様にはとても喜んでいただけました。

これからも、この行事食を大切に続けていきます。

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

2F昼ごはんの仕度(芋煮づくり)

昼食前『2Fにて汁物づくり~芋煮~』

 

本日、利用者の皆様と昼食をつくるイベント「昼ごはんの仕度」が2Fで久しぶりに開催され、利用者様からのリクエストの「芋煮」を一緒につくりました。食材に直に触れていただき、切り物をすることはもちろんのこと、調理中の言葉のキャッチボールもとても楽しく、賑やかな時間となりました。

'160310 2F昼ごはんの仕度 汁物づくり~芋煮~ (9)'160310 2F昼ごはんの仕度 汁物づくり~芋煮~①

 

 

 

 

 

 

 

 

開始のご挨拶で「芋煮はどこの郷土料理ですか?」と早速質問。利用者様から、「秋田かな?、あっ山形かな?」と速答いただき、「正解!山形ですネ!!」

'160310 2F昼ごはんの仕度 汁物づくり~芋煮~ (23)'160310 2F昼ごはんの仕度 汁物づくり~芋煮~③

今日は沢山の新鮮な食材をご用意しました。舞茸を細かくほぐしていただく際には、「花びらを摘むように」とお願いしました。介護職員と一緒に舞茸特有の香りを感じながら、楽しそうに手でほぐしました。「舞茸は香りだけでなく、旨味があって、だしになりますね」。また、ゴロゴロ大きな里芋も太い大根・人参も、ピーラーでキレイに皮を剥いてから包丁でイチョウ切りに。また長ネギは小口切りに。介護職員に手を添えられ、見守られながら、皆様とてもお上手でした。次に火傷しないように配慮しながら、大鍋に油を入れて牛肉や野菜を炒めていただきました。大きな鍋を覗きながら、コトコト煮込むのも皆様と一緒に行いました。味付するときに、また皆様へ質問です。「調味の“さしすせそ”の、まずは“さ”は?」と。「砂糖!」との声。「お次の塩の“し”、酢の“す”は飛ばして…。」「“せ”は何?」「醤油!」と。「最後の“そ”は味噌のそだがら今日は無しですよ。」と伝えると、「清まし仕立てですね」と職員。煮上がりまで多少時間が掛かったのですが、それでも席を外さずに皆様ずっと楽しそうに見学していて下さり、コトコト煮える音も煮えてきた香りもご馳走でしたね。

久しぶりの実演イベントだったこともあり、調理スタッフも準備不足もあり、段取りよく進まなかった反省もあったのですが、利用者様の楽しそうな笑顔や職員の協力もあって、とっても美味しい芋煮が完成しました。うどんにたっぷり掛けて、昼食にいただきました。調理室でつくった他フロア用の芋煮より美味しかったのではないか!?と感じられるほど百点満点の出来でした。

'160310 2F昼ごはんの仕度 汁物づくり~芋煮~④'160310 2F昼ごはんの仕度 汁物づくり~芋煮~⑤

ご自分達で召し上がる昼食を目の前で力を合わせて一緒につくることの楽しさ・面白さを利用者の皆様に感じていただけ、調理スタッフ・職員共に充実した時間となりました。3月後半には、3F、4Fでも開催します。フロアごとにリクエスト献立が異なるので、どんな仕上がりになるかとても楽しみにしています!

 

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

ひな祭り

昼食『ひな祭り祝い膳』

おやつ『桜ロールケーキ・ほうじ茶』

 

毎年、施設の入り口には、七段飾りの立派なお雛様が飾られ、利用者様・ご家族様・職員の目を楽しませてくれています。

'160303ひな祭り⑤

今年のひな祭りのお祝い膳は、桜ちらし寿司、空豆と桜海老のかき揚げ、ウニ豆腐、蛤の潮汁、フルーツをご用意しました。利用者様が大好きなちらし寿司と天ぷらの組合せでしたので、特に喜んでいただけました。

'160303ひな祭り①  '160303ひな祭り②

おやつの桜ロールケーキは口に含むと桜の香りがして春の訪れが感じられました。桜の開花が待ち遠しいですね♪

'160303ひな祭り③'160303ひな祭り④

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

4Fパンおかわりワゴンサービス

昼食『4Fにておかわりサービス』
4Fでの開催は4度目となりました。
今回はフロアに「たこ焼器」を持ち込んでホットケーキミックスで、たこ焼ならぬ、「チーズ入り鈴カステラ」をつくりました。焼き立ての甘~い香りがご馳走でしたね。皆様小さな鈴カステラをつまんで、お口へポンポンと運んでいました。
また、すっかり定番となったパンの耳を活用した、ココア味の揚げパンステックですが、今日は何故か利用者様から「かりんとうちょうだい!」の声。確かに真っ黒。最初は「これはかりんとうではないですよ。パンの耳で・・・」と説明をしていたのですが、次のテーブルにも伝染してしまい、「私もかりんとうがいい」と・・・。なので、この日は「かりんとう」で通しました(笑)。お一人で一皿(5~6本入り小皿)をごっそりと取って、「う~ん。美味しい!」と夢中な利用者様もおりました。サクサクで美味でしたネ。
4F利用者様リクエストの野菜サンドやイチゴジャムのロールサンド、定番のあんパン(絶対エース)もそろっていて、皆様楽しそうに選んで召し上がっていました。
 何度目かの「もっとちょうだい!」の声の利用者様には、嬉しい半面、食べ過ぎを心配しましたが、職員に確認しながら、十二分に楽しまれました。4Fの皆様のお陰で、おかわりパンは、ほぼ空っぽでした! 
調理スタッフと今思案中なのが、パン粥を召し上がっている利用者様へも、もっとおかわりの楽しみを広げるということです。当初はプレーンのミルクパン粥に、おかわり用ソースを数種類ご用意し、選んでいただいていましたが、実際おかわりをされる方は一部の方で、ほとんどの方がお膳に乗っている献立上のパン粥で終わっています。「おかわりサービス」として色々選べる味わえる機会が、パン粥の方にももっと広がるためのアイデア・方法を、現在検討中です。お楽しみに!!
☆ほほえみ食通信☆栄養士室
 4Fパンおかわりサービス1 4Fパンおかわりサービス2
4Fパンおかわりサービス3 4Fパンおかわりサービス4
4Fパンおかわりサービス5 4Fパンおかわりサービス6

バレンタインデイ

おやつ『チョコっと水羊羹&煎茶』
利用者の皆様、ハッピーバレンタイン♪
今年のバレンタインデイは、例年とは趣向を変えて、「和スイーツ」をご用意しました!
白インゲン豆のあんこに溶かしたチョコレートを混ぜて、チョコ水羊羹にし、その上には赤と黄色のハート型ゼリーを沢山沢山散りばめました!調理スタッフが愛を込めてつくりました。
バレンタインデイ① バレンタインデイ② バレンタインデイ③
皆様に美味しく届きましたね♪
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

節分

昼食『恵方巻サンドイッチ&鬼蒸しパン』
夕食『豆ヒジキ御飯・いわしハンバーグポン酢おろしがけ』
寒い日が続きますが、もうすぐそこまで春はやってきています。翌日の立春を前に、午前中には【豆まき】が行われ、邪気を払い、ほほえみの里に福を呼び込みました。
例年節分のおやつに赤鬼・青鬼・黄鬼の練り切りをご用意するところ、今年は何と、昼食にパンの鬼が登場しました。
ゴツゴツさつま芋の入った「鬼蒸しパン」と、白パン(卵)と黒糖パン(クリームチーズ)をクルクルと巻いたロールサンドで、「恵方巻サンドイッチ」をつくりました。中々の出来栄えでしたよね!!皆様には美味しく鬼退治していただきましたね♪ただ気になったことは、盛付けたお皿が花柄だったこともあり、何だかメルヘンチックな鬼に見えたのは私だけでしょうか!?
節分① 節分②
今年も夕食には、大豆と枝豆が沢山入った「豆ヒジキ御飯」や「いわしハンバーグ」といった栄養満点の食事を美味しく召し上がっていただき、皆様の無病息災を祈願しました。
節分③ 節分④
もうすぐ暖かい春がやってきますが、風邪やインフルエンザなどの悪い鬼は、まだまだ近くにいますよ。日頃から、
①手洗い
②うがい
③しっかり食事を摂って栄養補給
で、鬼退治(予防)を心掛けていきましょう!
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top