指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

お知らせ

面会制限の継続について

東四つ木ほほえみの里 入所者ご家族の皆様

 

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、面会制限を6月18日まで再延長させていただいておりました。

本日、臨時感染症会議を開催し、面会について検討いたしました。

 

結果としましては、7月12日までは直接の面会禁止を継続させていただくこととしました。

ただし、7月1日より1階にて入所者の方々とのWeb面会を開始いたします。面会方法は以下の通りとします。

  • Web面会は事前予約制
  • 月から金曜日の午前11時から、または午後2時から1回10分以内。
  • 土曜日午後2時から1回10分以内。

予約は、6月24日(水)午前10時から受付をいたします。ご自宅からのWeb面会につきましては、今後検討いたします。

 

なお、看取り・準看取り介護中の方については現状通り、時間制限付きで面会を可能とします。

 

このような形とした理由は以下の通りです。

令和2年5月29日付け全国老施協発第276号にて全国老人福祉施設協議会より「新しい生活様式」に関する留意点が示されました。

ここには、「高齢者介護施設・事業所については、面会の場面でのウィルスを持ち込むリスクがまだ完全に無視できるほど小さく

なったものと考えられない。」と示されています。

また、国が示す3週間ごとの3段階緩和に準じた新たな通知が示されておらず、7月10日ごろに次の段階への通知が示されるものと

認識しています。

 

東京都については、未だ感染者の収束が見られていないこともあり、当施設としましては以上のように判断いたしました。

 

なお、訪問理美容が昨日3カ月ぶりに再開できたところです。しかし、ボランティア活動は面会制限に準じて中止としています。

引き続き、入所者の方々が少しでも以前の生活様式に戻れるよう、鋭意検討してまいります。

 

本日より面会が解除されることを期待されていたご家族も多いかと思います。

このような結論になり大変申し訳ありませんが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

 

令和2年6月19日

施設長 前田正憲

Page top