指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

お知らせ

2F昼ごはんの仕度(芋煮づくり)

昼食前『2Fにて汁物づくり~芋煮~』

 

本日、利用者の皆様と昼食をつくるイベント「昼ごはんの仕度」が2Fで久しぶりに開催され、利用者様からのリクエストの「芋煮」を一緒につくりました。食材に直に触れていただき、切り物をすることはもちろんのこと、調理中の言葉のキャッチボールもとても楽しく、賑やかな時間となりました。

'160310 2F昼ごはんの仕度 汁物づくり~芋煮~ (9)'160310 2F昼ごはんの仕度 汁物づくり~芋煮~①

 

 

 

 

 

 

 

 

開始のご挨拶で「芋煮はどこの郷土料理ですか?」と早速質問。利用者様から、「秋田かな?、あっ山形かな?」と速答いただき、「正解!山形ですネ!!」

'160310 2F昼ごはんの仕度 汁物づくり~芋煮~ (23)'160310 2F昼ごはんの仕度 汁物づくり~芋煮~③

今日は沢山の新鮮な食材をご用意しました。舞茸を細かくほぐしていただく際には、「花びらを摘むように」とお願いしました。介護職員と一緒に舞茸特有の香りを感じながら、楽しそうに手でほぐしました。「舞茸は香りだけでなく、旨味があって、だしになりますね」。また、ゴロゴロ大きな里芋も太い大根・人参も、ピーラーでキレイに皮を剥いてから包丁でイチョウ切りに。また長ネギは小口切りに。介護職員に手を添えられ、見守られながら、皆様とてもお上手でした。次に火傷しないように配慮しながら、大鍋に油を入れて牛肉や野菜を炒めていただきました。大きな鍋を覗きながら、コトコト煮込むのも皆様と一緒に行いました。味付するときに、また皆様へ質問です。「調味の“さしすせそ”の、まずは“さ”は?」と。「砂糖!」との声。「お次の塩の“し”、酢の“す”は飛ばして…。」「“せ”は何?」「醤油!」と。「最後の“そ”は味噌のそだがら今日は無しですよ。」と伝えると、「清まし仕立てですね」と職員。煮上がりまで多少時間が掛かったのですが、それでも席を外さずに皆様ずっと楽しそうに見学していて下さり、コトコト煮える音も煮えてきた香りもご馳走でしたね。

久しぶりの実演イベントだったこともあり、調理スタッフも準備不足もあり、段取りよく進まなかった反省もあったのですが、利用者様の楽しそうな笑顔や職員の協力もあって、とっても美味しい芋煮が完成しました。うどんにたっぷり掛けて、昼食にいただきました。調理室でつくった他フロア用の芋煮より美味しかったのではないか!?と感じられるほど百点満点の出来でした。

'160310 2F昼ごはんの仕度 汁物づくり~芋煮~④'160310 2F昼ごはんの仕度 汁物づくり~芋煮~⑤

ご自分達で召し上がる昼食を目の前で力を合わせて一緒につくることの楽しさ・面白さを利用者の皆様に感じていただけ、調理スタッフ・職員共に充実した時間となりました。3月後半には、3F、4Fでも開催します。フロアごとにリクエスト献立が異なるので、どんな仕上がりになるかとても楽しみにしています!

 

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top