指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

お知らせ

4Fパンおかわりワゴンサービス 平成28年5月18日(水)

昼食『4Fにておかわりサービス』

 

今年度も各フロア3ヶ月1回ずつ、昼食時に楽しく開催しています。

本日4Fの利用者様にご用意したのは、シベリア・クリームパン・苺ジャムサンド・味噌バタートースト・シナモンロールパン・揚げパンスティック、そして抹茶パン粥とチョコパン粥でした。盛り沢山のおかわりパンから、ご自身でお好きなものを選んで召し上がっていただきましたが、シベリアと苺ジャムパン・クリームパンがやはり人気で早々に品切れになりました。調理スタッフ一押しの味噌バタートーストとシナモンロールは、残念ながら少し売れ残ってしまいました。馴染みがあまりないと手が出ない様子でした。今後も色々なパンのアレンジを研究し、さらに喜んでいただけるように努めていきます。'160518 4Fパンおかわりサービス (2)

ところで、利用者様から大人気の「シベリア」の由来をご存知の方はいらっしゃいますか?本日利用者様にパンをサービスしていると、「シベリアって何?」、「何でシベリアって言うの?」との疑問質問が聞かれました。

シベリアとは、カステラを敷いた型に水羊羹を流して、さらにカステラで挟んで固めてつくります。利用者様世代には特に懐かしい食べ物ですが、その名前の由来は案外知らないとのことでした。私自身も名前の由来は曖昧で、残念ながらその場で即答できませんでした・・・。

'160518 4Fパンおかわりサービス (4) '160518 4Fパンおかわりサービス (7)

後から調べてみたところ、ロシアのシベリア地方が発祥という訳ではなく、明治~大正時代に日本で考案されたもので、昭和初期の子供達が大好きなおやつだったそうです。名前の由来は諸説あるそうですが、いずれもその形をシベリアの大地・凍土に見立てているところから来ているそうです。想像力がある命名で、実に面白いですね。

'160518 4Fパンおかわりサービス (8)'160518 4Fパンおかわりサービス (13)

利用者様との何気ない会話から日々楽しい発見があります。学ばせていただくことも沢山あります。今後も食に関する楽しい話題を提供し、利用者様とのコミュニケーションを大切にしていきます。

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

 

Page top