指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

お知らせ

駄菓子屋さん(4F)

おやつ『実演出来立ておやつ駄菓子屋さん3回目』

「駄菓子」といえば素朴で懐かしいものばかり。特に目の前でジュージュー焼ける音や焦げた匂いが何よりもご馳走でしたね。名残惜しいのですが、本日4階の実施で「駄菓子屋さん」も閉店となりました。各階を順番に回らせていただきましたが、回数を重ねるごとにつくる量のバランスが取れ、焼きバナナ&クレープもタコ焼風も、鉄板で焼く腕が上がり、美味しさもグレードアップしたと実感しています。

2時過ぎに利用者の皆様が食堂テーブル周辺に集まられると、突然藤丸介護職員の実況中継が始まりました!ご用意したラムネ菓子やソース煎餅を利用者様に配りながら、バナナやクレープやタコ焼風の調理の様子を元気よく解説するのです。すると、その場の空気が一気に暖まり、一体感が生まれるから流石ですねぇ。まるで威勢のいいお兄さんのいる縁日の屋台みたいでした。

駄菓子屋さん4F2

また、今回サプライズだったのが、「楯介護職員がタコ焼を焼きたいと言っている」と他の職員から声が掛かったことです。頼もしい助っ人が現れたと、喜び招き入れると、「初めてですぅ~♪」と。楯介護職員のルンルン気分が利用者様にも伝わって、その場はさらに賑やかで楽しい空気に包まれ、色々な駄菓子をつまみながらも、皆様楯介護職員の挑戦に注目です。3階実施時と同様に、次長宅流黄金レシピを伝授しながら一緒に焼いていくと、今回も見事に外こんがり中トロリの真ん丸タコ焼風が完成しました!!

駄菓子屋さん4F4 駄菓子屋さん4F6 駄菓子屋さん4F5

「私が焼いたタコ焼食べたい人は?」と楯介護職員の声に、何人もの利用者様が手を挙げてくださり、順番にお配りして、沢山召し上がっていただきました。愛情たっぷりで特別に美味しかったですよね!

今回は、調理スタッフが利用者様に直接出来立ておやつをお配りしたり、お話したりする時間が充分持てたことも成果のひとつです。また、今回もソフト食タコ焼風も好評でした。
もうすぐ納涼祭です♪人気の焼鳥・焼そばなど盛り沢山。お楽しみに!

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top