指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

お知らせ

そば打ち実演

昼食前『そば打ち実演』

本日「そば職人」さんをお招きして、皆様の目の前でそば打ちをご披露いただきました。ほほえみの里で、そば打ち実演を始めて、3回目の秋となりました。利用者の皆様が真剣な眼差しでご覧になり、その技に感動しておりました!今年も松本施設長にもその腕前をご披露いただき、お二人の掛け合いがとても息が合って面白かったものですから、利用者様が大変盛り上がっていましたね。そば職人さんが、「ご家庭でそばを打ったことがある方はいらっしゃいますか~?」と大きな声で呼び掛けると、何名かの利用者様が、元気に手を挙げて下さり、新潟や長野のご出身の方や、中には千葉の方もおり、最初は遠慮されるものの、職人さんが優しく誘って下さるので、前に出てその腕前をご披露下さりました。昔取った杵柄で、皆様流石にお上手でしたね。

そば打ち実演1 そば打ち実演2 そば打ち実演3
もちろん、未経験の利用者様もお誘いしながら、そばに触れたり、切ったりしていただきました。職人さんに手を添えられながら、大きな大きなそば包丁を握り、一緒にザクリザクリと切った後、そのそばを手に取られて、「そばのように長~~く長~~くお元気で!」と、皆様の健康長寿を祈って下さりましたね。皆様、切っている最中は集中していてかなり硬い表情なのに、包丁を置いたとたんパァ~っと晴れやかな笑顔に変わります。素敵な経験ですよね。

そば打ち実演4 そば打ち実演6 そば打ち実演5

また、調理室であらかじめご用意しておいた生そばをその場でお配りし、試食もしていただきました。皆様にその味と香りを楽しんでいただきました。
ここ数年、秋の風物詩として恒例になり、施設でそば打ち道具セットを準備して行くことも検討中なのですよ。日本の食文化を楽しむ機会が益々増えるといいですよね。お楽しみに!

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top