指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

お知らせ

選択食ご馳走重箱料理

 

『重箱の隅をつつく!?』
 ちらし
月3回ある選択食は、2種類の献立から利用者様がお好みの料理を選べるようになっています。「私はこっち!!」「前回はこっちだったから、今回はこっち!」「どっちでもいい」などなど皆様色々です。もちろん、ご自身で選べない方も大勢いらっしゃいますが、職員がその利用者様にとってどちらがよいか考えて選んでいます。どちらの料理も調理スタッフが心を込めてつくらせていただいており、皆様にご満足いただけるものと自負しております。
特に評判が良いのが、重箱に盛り付けたお料理の日です。美味しいことに加え、見た目が豪華なので、利用者の皆様が大変喜ばれます。食事中のご様子を調理スタッフと共に伺いに行くと、既に重箱の中身が空っぽの方が多くて、普段の食事より食べ終わるのが早いことにビックリさせられます。本来、批判的な意味に使われることが多い「重箱の隅をつつく・・・」という諺を例に出すのもおかしいのですが・・・、本当に利用者様は上手に箸やスプーンを使われて、朱塗りの重箱の隅々まで米粒一粒残さず、キレイに召し上がって下さりますので嬉しい限りです。そのご様子を目の当たりにすると、次のお重はどんな献立にしようかと、考える私自身もモチベーションが高まります。
11月は、大きなイベント食がなかったこともあり、上司や調理スタッフと相談して、通常時よりコストを掛けた「ご馳走重箱の選択食」の提供が叶いました。①「海鮮宝箱」というネーミングで、たっぷりのイクラとトロサーモンをのせたちらし寿司で、宝石箱のようなキラキラ・ワクワク感を演出してみたり、②「和牛スタミナ重」という、美味しい牛肉をニンニク少々と玉ネギで炒め煮にして御飯にのせたお重で、元気・活力を付けていただきました。どちらも美味しかったのですが、蓋を開けて見ると「海鮮宝箱」の方が圧倒的人気でしたね。
選択食ご馳走重箱1海鮮宝箱 選択食ご馳走重箱2和牛スタミナ重
見た目や器を工夫することで、普段以上に利用者様の食欲がアップし、美味しく御飯が食べられて元気が出るので、今後も重箱料理のバリエーションの充実に努めて参ります。12月はまた違った重箱料理を楽しみましょう♪
今後も選択食にご注目下さい!
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top