指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

お知らせ

リンゴスイーツ週間その③

 

剥き立てリンゴ『ボランティア様大活躍』
この『リンゴスイーツ週間』では、調理室より1週間リンゴをスイーツに加工してご提供しつつ、食べられる方を対象にフレッシュリンゴを味わっていただきました。今年度もボランティアの宮内様と山川様が、利用者様への剥き立てリンゴの提供に快くご協力いただき、2日間に分けて3フロアの食堂にて実演することができました。本当にありがとうございます。
今回、利用者様との買い物と、栄養士のみの買い物で、全部で5品種の仕入れができました。青森産の「ふじ」「むつ」「ジョナゴールド」と、長野産「陽光」「シナノゴールド(青リンゴ)」で、それぞれ大きさも色も異なります。施設生活の中で丸ごと皮付きのリンゴを見る機会もなかった利用者様がほとんどなので、栄養士がリンゴをお見せしてご説明するとまずその赤い輝きに注目が行き、次に実際に手で持ってもらうと、その重量感を身体で感じ、「リンゴ」がこれから出てくるという期待感が高まっているように見えました。
 リンゴスイーツ週間剥立① リンゴスイーツ週間剥立② リンゴスイーツ週間剥立③ リンゴスイーツ週間剥立④ リンゴスイーツ週間剥立⑤
ボランティア様が、手際よくリンゴを剥く様子を、目の前で見て、楽しまれている方もおり、剥き立て5品種を食べ比べている利用者様もおりました。甘味と酸味のバランス、硬さ、産地などリンゴの好みも利用者様各々違ったご感想が聞かれたのも、興味深いものでした。人それぞれ味覚の違いや、郷愁を誘う品種があるものだなぁと、リンゴの魅力を再認識しました。
そのまま、スライスやイチョウ切りで食べることが難しい方には、ミジン切りにして提供したフロアや、その場でジューサーでおろしリンゴにしてご提供したフロアもありました。
リンゴスイーツ週間剥立⑥
食堂はその爽やかで甘い香りに包まれていました。
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top