指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

お知らせ

駄菓子屋さん

 

おやつ『駄菓子屋さん』
去年大好評だった「駄菓子屋さん」を今年度も開店しました!色々な種類の駄菓子をご用意し、利用者様にお好みのものを選んで食べていただきました。
今年は業務の都合で、残念ながら各フロアでの実演は叶わなかったのですが、調理室で焼いた「ほほえみ特製たこ焼」ももちろんご用意しました。
卵ボーロ、麦チョコ、麩菓子、ポン菓子(「ばくだん
、「米はぜ
ともいうそうです)、ソース煎餅、ラムネ菓子などの駄菓子の中から利用者様それぞれの世代(50代後半~100歳)によって、「あっ、懐かしい」と感じる駄菓子が異なることが興味深く、その当時の様子を思い出し、「あの頃は・・・」と昔話を語りながら召し上がっている姿が印象に残りました。
駄菓子屋さん1 駄菓子屋さん6 駄菓子屋さん5
ほほえみの里特製たこ焼には実はタコが入っていませんが、サクラエビ、サキイカ燻製、紅生姜が旨味を引き出しています。上手くつくるコツはたっぷりのキャベツととろけるチーズなのです(次長直伝)。外はカリカリ、中はふんわり、約90個焼き上げました。毎年のことですが、1回目の焼きよりも、終わりに近づくに連れて段々腕が上達し、たこ焼がまん丸にグレードアップしていくのが特徴です。そこに仕上げのソースと青海苔をかけ、利用者様の食欲を引き立てます。皆様お口にポンと運んでニッコリされていましたね♪
駄菓子屋さん3
また、「ソフト食たこ焼」を今年もご用意。中身はたこ焼と一緒ですが、卵とだし汁がベースになっており、嚥下が難しい方にも安全に美味しく味わっていただけるものなのです。
駄菓子屋さん4
職員と調理スタッフによるおやつの時間だったのですが、「おいくらですか?」、「お金はいいの?」と、本物の駄菓子屋さんの訪問販売と思って下さるのですね。普段のおやつでは、そういった光景は見られないのですが、そういえば去年の夏の「アイスクリーム屋さん」のおやつでも、お金を払おうとして下さる方がおりましたので、「○○屋さん」と銘打ったイベントおやつの特徴かもしれません。実際はお金を頂戴しませんが、昔を思い出しながら、生活感(金銭感覚)が呼び起こされて、きっと良い刺激になりますね。
もうすぐ納涼祭です♪人気の焼鳥・焼そばなど屋台メニューが盛り沢山。お楽しみに!
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top