指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

お知らせ

2F昼ごはんの仕度(餃子づくり)

昼食前『2Fにて餃子づくり』

本日より、今年度2回目の昼ごはんの仕度が始まりした。本日は都合により、4Fと同時開催となり、調理スタッフと私はちょっとてんやわんやしてしまいましたが、どちらのフロアも事故なく、利用者様参加型(食堂開催なので、見学者も合わせて、五感を刺激するイベントなのです!!)の昼食づくりとして、大勢の利用者様・職員・調理スタッフが一緒に楽しく食事づくりができ、大成功でした。
2Fの皆様は「餃子づくり」を楽しみました。実は他フロアは去年体験されているのですが、2Fの皆様が昼ごはんの仕度で「餃子づくり」をするのは、初体験でした。「昼ごはんの仕度」の中で、包丁を使う「汁物づくり」や「土鍋で炊飯」のシリーズも賑やかで利用者様が楽しまれているのですが、「餃子を包む」といった、道具を使わずに指先を使った行為が、男女を問わず、調理経験(主婦)を問わず、とても単純な作業の中にも人を夢中にさせる魅力があるようで、他のシリーズとは少し趣が異なる、和気あいあいとした、楽しい時間がゆったりと流れているように感じられました。
一時は調理コーナーの周囲を利用者様がぐるりと囲んでしまう場面もあり、とても参加意欲が旺盛でした。また、中には集中力を欠くことなく「もっとやりたい」とおっしゃって、一番前の席を離れたがらない利用者様も数名おり、大変光栄でした。
昼ごはんの仕度2F餃子づくり② 昼ごはんの仕度2F餃子づくり⑤
もちろん、プロ並みにヒダを付けながら上手に包んでくださる方もいらっしゃいますが、半分にぺったんことくるむ方もおり、また、ほほえみの里ですっかりお馴染みの通称【餃子マシ~ン=皮をのせて、具を置いて、ハンドルを回して、引き出しを開けると餃子が包まれて出てくる料理玩具】で包んでいただいた方もおりましたが、本当に大勢の利用者様が楽しく参加され、合計で何と120個の餃子が完成しました。
昼ごはんの仕度2F餃子づくり① 昼ごはんの仕度2F餃子づくり③ 昼ごはんの仕度2F餃子づくり④
それを調理スタッフが食堂で焼き上げて、胡麻油を回し入れ、焼き立て熱々のところを利用者様に味わっていただくことができました!
昼ごはんの仕度2F餃子づくり⑥
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top