指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

お知らせ

春のお彼岸

昼食『おはぎ』
年2回、春と秋の彼岸の入りの昼食は「おはぎ」というのが、季節の献立として開設15年来の定番となっております。食事におはぎ・・・!?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、もち米入りの握った御飯であるおはぎを、職員見守りの元、食堂で皆様一緒に食べるので、安全に召し上がっていただけて安心です。そして何より男女を問わず利用者の皆様はあんこが大好きで、お彼岸のおはぎをとても楽しみにしていて下さるので、毎年欠かせません。
彼岸の入り1
以前は御飯食の方には「手づくりおはぎを、粥食の方には「小豆粥」をご提供していましたが、最近は粥食の方用に、飲み込みやすく見た目もおはぎに近い「ソフト食おはぎ」を手づくりすることに、特に力を入れています(その分御飯食の方には、既製品のおはぎをご用意させていただいています)。毎回、硬さ加減が難しく、どうしてもベチャっと不格好になってしまうのですが、今回のソフト食おはぎは硬さも見た目も良い仕上がりにできたと思います。
彼岸の入り2
次回の「秋のお彼岸」が待ち遠しいですね~。
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top