指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

お知らせ

季節の手仕事

■『空豆莢剥き』

今が旬の空豆ですが、とにかく莢から剥きたてが軟らかくて美味しいのです。6月1日のお祝い膳のお料理の1品に使うものを、前日の午後、利用者様と一緒に莢剥きをして、楽しみました。皆様お誘いすると喜んでご協力いただき、沢山の莢があっという間に剥けました。

soramame_2009_1 soramame_2009_5 soramame_2009_4 soramame_2009_3 soramame_2009_2

太い莢を布巾を絞るようにギュッとねじるのがコツで、ポンと上手く割れます。するとフワフワの綿状の裂け目から、艶々若緑の空豆が顔を覗かせます。取り出すと意外と大粒なので、皆様嬉しそうでした。
もっとやりたいわ!と熱心にお手伝いくださる方、親御さんの実家の千葉から届いたものを、子供の頃お手伝いして剥いたのを思い出すと語ってくださる方、お歯黒っていうのよと教えてくださる方、一日中テレビを観て過ごすより、何かやっていたいのよと言いながら手際よく剥いてくださる方、エプロンタタミの一仕事を終えて、そのまま空豆も楽しそうに剥いてくださる方。また、空豆を愛おしくみつめて丁寧に剥いてくださる方の優しいお顔が心に残りました。ご協力していただいた皆様に心から感謝致します。
剥いた手が青臭くって、それもまた嬉しくって、利用者様と楽しい日曜日を過ごさせていただきました。これからも食を通して利用者様に旬の美味しさをお届けできればと思っております。お楽しみに!

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top