指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

お知らせ

開設記念日祝い「ほほえみ祭り」

昼食『天ぷら実演』
ほほえみの里は、お陰様で6月1日に開設16周年を迎えました!!
ほほえみ続けて・・・17年目の記念日に、施設行事「ほほえみ祭り」として、昼食には天ぷら実演を、おやつには力士による餅つきを、初開催しました。
実は、例年暮れに施設行事として「忘年会」を開催し、職員と調理スタッフ、ボランティア様が一丸となって大きなイベント食の提供やお相撲さんによる餅つきを実施しておりましたが、前年度は残念ながら感染症の流行により中止となりました。そのため、今年度より感染症ハイシーズンを避けて、開設記念日に新たに「ほほえみ祭り」が計画されたのです。
昼食に「天ぷら実演
の施設行事は久しぶりでしたが、行事担当者と調理スタッフとアイデアを出し合い、美味しく楽しい時間となりました。天ぷらはエビ・茄子・シシトウ・旬の空豆と桜エビのかき揚げをはじめ、実演おかわりにはエビ・穴子・さつま芋以外にも、変わりネタとして、カニカマや饅頭なんかもあり、大好評でした。利用者様・ご家族様に充分に揚げ立て熱々の天ぷらをご堪能いただき、またボランティアさん・職員も一緒にご相伴にあずかり・・・、充分に用意したネタの数々がフロアによっては品切れ続出・取り皿が足りない!?なんて事態になっていました。エビだけでも350尾仕入れましたが・・・、全て皆様の胃袋に納まりました(笑)。
ほほえみ祭り天ぷら実演4 ほほえみ祭り天ぷら実演6 ほほえみ祭り天ぷら実演5 ほほえみ祭り祝い膳1
今回もソフト食やミキサー食の天ぷらの提供に創意工夫を重ねました。
ほほえみ祭り祝い膳2 ほほえみ祭り祝い膳3
フロアによっては、ソフト食天ぷらのおかわり希望が続出し、予定量をオーバーしてしまい、調理室から予備を追加であげました。安全に美味しく食べていただくために、よりニーズは高まっていると実感する出来事でした。けれども、美味しさや再現性(天ぷららしさ)は、まだまだ課題も多く、さらなる研究が必要だと反省もしています。さらにレベルアップを目指します!
17年目に入っても、皆様が美味しく食べて、お健やかに過ごすことができますように、食を通して調理スタッフ・職員と共に努めて参ります。今後ともよろしくお願い申し上げます。
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top