指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

納涼祭

昼食~午後『屋台料理の数々』
各地で酷暑・猛暑・最高気温更新・熱中症による体調不良者続出・・・など、この厳しい暑さに注意喚起するニュースが連日聞かれます。本日もとても暑い日になるとの予報でしたので、その対策も施しながら、例年通り日中の開催となりました。雲一つない真夏の青空の下、熱気溢れる賑やかな納涼祭となりました。今年も大勢のご家族様の参加があり、また大勢のボランティア様の協力があり、盆踊りは楽しく、屋台料理は美味しく、祭り会場は利用者様の笑顔で溢れていましたね!
 納涼祭盆踊り⑥
定番の人気屋台料理(焼き鳥・焼きソバ・カレーライスなど)のほかにも、今年は「涼」をお届けできるようにと、久々に素麺の復活や、巷で話題のヨナナス(冷凍バナナ&パインをその場でアイスに加工)を新メニューとしてご用意しました。どちらも大好評でした~♪
 納涼祭屋台① 納涼祭屋台② 納涼祭屋台③ 納涼祭屋台④
今年度特に力を入れたことは、ミキサー食の屋台料理です。当施設では嚥下が特に難しい方の食事形態であるミキサー食の方が、全利用者様の約2割を占めています。日頃の食事の中でも、安全性と美味しさ、見た目、量(カサが増しがち)、加工工程の煩雑さなどの、多くの課題の改善のために試行錯誤を繰り返していますが、本日の納涼祭でも同じ想いで取り組みました。屋台料理の美味しさをトレイの御膳の上に再現するべく、調理スタッフと調理法・食器選定・盛付・お品書き作成など、念入りに打ち合わせを重ね、より良いものをお届けできるように努めました。また、開催前々日にミキサー機器の不具合発生といったトラブルがあったものの、一部の屋台料理に既製品のペースト食材を臨機応変に活用することで凌ぎました。その甲斐あって、利用者様やご家族様から、屋台料理のミキサー食も美味しかったとの声を頂戴でき、調理スタッフと共に喜びました。
 納涼祭食事⑤
一方、予想以上の参加人数で、会場の食席不足や、屋台の人気料理(前半分)が早々に品切れする事態もあり、課題が残りました。予定参加人数(前半と後半)の想定と、それに見合った充分な食席の確保・料理の準備量と提供時間のバランスなど、来年度の準備段階で、充分に検討すべき課題となりました。
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top