指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

お知らせ

重陽の節句(菊の節句)

おやつ『季節の練り切り 菊』
重陽(菊の節句)おやつ
夕食『菊花ちらし寿司・炒り鶏・他』
重陽(菊の節句)①常食 重陽(菊の節句)③ミキサー食 重陽(菊の節句)②極刻食
例年この時期の日中は残暑が厳しかったように思いますが、今年は8月下旬より台風や長雨の影響で夏の名残りも感じられないまま9月を迎えました。このまま秋の訪れも早いのかもしれませんね。
さて、本日は菊の節句にちなみ、菊をテーマにした献立です。
おやつは、白インゲン煮豆と長芋でつくった生地を黄色に着色して、菊の花に見立てた【練り切り】です。調理スタッフが心を込めて手作りしました。また、強化おやつも栄養補助食品を菊型で成型しました。お皿の中にかわいらしい花が咲きました。
夕食には【菊花ちらし寿司】をご用意しました。定番のちらし寿司ですが、生の食用菊を散りばめることで、彩りと香りのよいお寿司になりました。桜でんぶのピンク色と絹サヤの緑色と、菊花の黄色のコントラストが綺麗で、お花畑のような仕上がりとなりました。もちろん味付けもよく、美味しかったですね!
~菊の節句とは~
雛の節句(3月3日)や端午の節句(5月5日)は有名ですが、9月9日は暦の上で重陽(ちょうよう)の節句といい、五節句の一つです。中国では陽の数字9が2つ重なる縁起のよい日とされ、古くに日本に伝わって、宮中行事としてこの日に菊花を愛で、菊酒を飲んで、不老長寿を願う風習があったそうです。
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top