指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

お知らせ

ソフト食研修会

夕方『職員研修 ソフト食研修会』
『利用者への安全で美味しい食事の提供について、施設全体で共に考え学び、共通認識のもと、食事サービスの向上につなげていくこと』を目的に、全職員対象に「ソフト食研修会」を開催させていただくのも、今年度で5回目となりました。
参加者は介護・看護・実習生・調理スタッフの12名でした。最初に講義と調理方法の説明をさせていただき、その後ソフト食のミニ調理実習へと進めました。
ソフト食研修会①
今回はゲル化して固める通常のソフト食(空豆の白和え)と、固めないでつくるソフト食(天ぷら)の2種類の方法を行いました。ソフト食1品をつくるだけでも多くの工程が必要で、とても手間と時間が掛かっていることを、体験を通して理解していただくことができました。また、自分達でつくったソフト食を実際に試食していただくと、常食の美味しさや見た目が損なわれることなく料理が上手く再現されていることに、感激の声が多く聞かれました。
ソフト食研修会② ソフト食研修会③ソフト食研修会④ソフト食研修会⑤
ソフト食研修会を通して、美味しく安全な食事の提供に、つくる側とサービスする側が同じ想いを持つことができて、大変有意義な時間となりました。参加者からいただいた意見・感想を、今後のソフト食やミキサー食の改善・改良に活かさせていただきます。
 ソフト食研修会⑥
①嚥下障害がある方への食事について、
②増粘剤の特徴について、
③ミニ調理実習(本日の夕食より「天ぷら盛り合わせ」・「空豆の白和え」)
④試食会(調理実習ソフト食と本日夕食ミキサー食、粥ミキサー、汁ミキサー、
朝食ミキサー食改革料理例、既製品のソフト食の新商品、栄養補助食品の新商品など)
⑤アンケート記入
⑥質疑応答
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top