指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

クリスマス

昼食『クリスマススペシャル献立』
おやつ『クリスマスケーキ&コーヒー』
利用者の皆様「ハッピー☆クリスマス♪」です!!
今年のクリスマスの昼食は和洋折衷のご馳走メニューでした。ツリーに見立てた押し寿司(甘エビ・アボカド・イクラ)とネギトロ・サーモン・卵といなりの5点を真っ白な洋皿に綺麗に盛付けて、クリスマスパーティ寿司の完成です。また、やわらかチキンとマッシュポテトでクリスマスリース風に。洋梨ゼリーに赤ワインゼリーのジュレを散りばめて華やかなデザートに。汁物はカニがたっぷり入ったかき玉汁をご用意しました。シャンパンやワインとはいきませんでしたが、オレンジジュースと、シャンメリーを“ポンポン!シュワワ~”とグラスに注いで、クリスマスムード満点で昼食を楽しまれました。
 クリスマスSP1昼食①
実は本日の寿司の提供は、大きな変革の第一歩でした。日頃全粥や粥ミキサーといった主食を召し上がっている方は、寿司のときは主食とは別皿にネタだけを盛り合わせてご提供するのが常でした。当施設ではここ何年か、彼岸の入りのおはぎの提供の際、形ある「ソフト食おはぎ」の提供に取り組んできたこともあり、今回の寿司の提供にあたり、「ソフト食しゃり玉」や「粥ミキサー寿司」の提供を目標に掲げて準備を進めました。
実際、全粥の利用者様にもネタごとに形のある寿司の提供ができ、また、粥ミキサーの方にも、1品ずつシャリの粥ミキサーとネタを2層仕立てで小鉢に盛付けて、ネタごとの美味しさが味わえるミキサー食の提供が叶いました。かなり細やかな作業となり、調理時間も予想以上に掛かってしまって、配膳時間が少し遅れてしまったフロアがあったため、反省点も多々あるところですが、ご提供された寿司はどれも利用者様にご満足いただけるものであり、皆様が満面の笑みを浮かべ、寿司を頬張っていらしたのが印象的でした。
 クリスマスSP1昼食② クリスマスSP1昼食③
おやつにはレアチョコケーキに、苺でつくったサンタクロースを添えました。一体一体手づくりでサンタに仕上げましたので、表情も色々。ある利用者様からは、苺サンタの顔を見つめ、「壊してしまうのが可哀想」との優しい言葉も。美味しいチョコケーキと共に最後にはパクリとサンタもキレイに食べていただきました・・・。チョコの甘さと苺の甘酸っぱさに皆様大満足されていました。
 クリスマスSP2おやつ① クリスマスSP2おやつ③ クリスマスSP2おやつ②
☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top