指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

お知らせ

☆ある日の出来事☆ ほろ苦ゴーヤチップス

屋上菜園の「ゴーヤが食べ頃!」と、伊藤運転手より声が掛かる。
のぞいてみると、壁に這わせたネットの上の方に小さな小さなゴーヤが5本ほど実っていた。
市販のものに比べると本当に小さいがこれで完熟とのこと。

bm_2009_1 bm_2009_2bm_2009_3

さて、どうしようと頭を悩ませ、今日の昼食の「夏野菜カレーライス」に茹でてトッピングで入れようと考え、職員に伝えたところ、「苦いからカレーに入れないで~!」と待ったの声が掛かった。
う~ん、せっかく育ててくれたゴーヤをどう活かそうかとさらに悩んだ末、結局カラリと揚げて「ゴーヤチップス」にして、お好みでそのままつまんだり、カレーにトッピングにしてもらうこととした。

収穫野菜だけでは少ないので、スーパーで特売の巨大ゴーヤ(長崎産)も仕入れて、合わせて調理することに。
真ん中のワタと種を丁寧に除いて、薄くスライスしてカラリと揚げ、塩とパルメザンチーズで調味。
揚げたてサクサクは香ばしく、後から苦味がじんわりという感じ。

bm_2009_4 bm_2009_5
この苦味が夏バテ防止によいといわれ、ビタミンCも豊富な沖縄の健康野菜。ぜひ旬の時期には味わいたいもののひとつ。

利用者の皆様の感想は、美味しく食べていただいた方もいたが、苦いから苦手という方が多かったかなと…。職員では、夏にはゴーヤが身体にイイから毎日のように食べるという健康志向の方や、ゴーヤチャンプルはつくるけど、ゴーヤをチップスで食べるのは初めてで意外とイケるとの声も。
エコ活動の一環として緑のカーテンも昨今ブームなので、「来年はもっと沢山大きなゴーヤが実ると素敵では!」と伊藤運転手にエール。

来年夏にまた、美味しいゴーヤレシピも考案して再挑戦したい!

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top