指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

敬老会

昼食 『天ぷら実演&祝い膳』
おやつ『菊花練り切り』

今年の敬老会のお祝い膳は、2年振りに「天ぷら実演」が復活し、利用者様には、揚げたてサクサクを沢山味わっていただくことができました。
揚げてる音と匂い(ほんのり胡麻油で江戸前風)に加え、利用者様・ご家族様・ボランティア様・職員の賑やかで楽しい雰囲気に、食堂は熱気に包まれました。

天ぷらといえばエビ好きの方が多くて売れ行きがよいことは想定していましたが、意外に人気があったのが、サツマ芋の天ぷらでした。
前年度のスイートポテトの実演おやつや芋羊羹など芋スイーツの人気は実証済みですが、芋天もやはり王道ということなのですね。
さらに、午前中に収穫したばかりの屋上菜園の野菜も天ぷら材料に加わり、楽しさ・美味しさが倍増しました。

今回2階で調理スタッフと共に松本施設長が、職人顔負けの腕前で天ぷらを振舞ってくださったので、2階の利用者様は大変喜ばれていました。
比較的難しいかき揚げも、手際よくまとめてカラリと揚げてるところなど、玄人はだしでした。

keirou_2009_1 keirou_2009_3 keirou_2009_2
他のフロアーの利用者様にもご披露いただける機会があると嬉しいですよね。
きっといつの日にかお願いしますので、皆様お楽しみに…!

各テーブルには、前日に果物屋から利用者様と一緒に買出してきた、旬のブドウ3種類(山梨産のピオーネ・ロザリオロッサ・甲斐路)の盛り合わせをご用意しました。
ブドウはどの房も新鮮大粒でたわわに実った大きなものでした。
お一人で一房全部食べるほどの勢いの方がいたり、故郷の味にご満悦だった山梨ご出身の方がいたり、味・香りとも最高の旬のブドウを皆様楽しまれました。

keirou_2009_4 keirou_2009_5

ご家族様・ボランティア様・職員が一体となって、利用者の皆様の笑顔が溢れる楽しい敬老会昼食となりました。ありがとうございました。
午後のおやつは練り切りと昆布茶をご用意しました。担当者が厳選した塩瀬総本家のキレイな菊花生菓子がとてもなめらかで、皆様に美味しく食べていただくことができました。

keirou_2009_6
午後の余興は、男性職員が練習を積み重ねた「よさこいソーラン」が粋に華やかに披露され、大きな感動を呼びました!
これからも利用者の皆様が、美味しく楽しく食事を召し上がられて、お元気に健やかにお過ごしになられるよう努めてまいります。

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top