指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

お知らせ

3Fおでん屋さん

昼食『熱々おでん鍋』

実は、冬の行事食として企画していた「熱々おでん鍋」でしたが、諸事情により、春を目の前にしての実施となりました。最近は一年中おでんも食べられていますので、利用者の皆様にもダシのきいた熱々おでんをぜひ味わっていただきたいです。

本日は、3階にて調理スタッフが「おでん屋さん」を開き、おかわり分を熱々土鍋にて提供し、利用者の皆様にお好みの具材を選んで召し上がっていただきました。先にお膳にて大根・卵・はんぺん・焼き竹輪・人参を盛り合わせて提供し、ジャガ芋・白滝・チキンボール・軟らかイカ団子・五目巾着をおかわり分として土鍋にご用意。

3f-oden_2010_2 3f-oden_2010_1

最初に調理スタッフが、ご挨拶とおでん種の説明をさせていただくと、ジャガ芋には目がないEさんに食べていただこうと、職員から第一声が威勢よく掛かりました。Eさんには、ほっくりジャガ芋を形のあるままお皿によそい、食べやすくつぶしながら、沢山召し上がっていただくことができました。何でも好きという方には全種類をよそいました。熱々をフーフーと冷ましながら、皆様美味しそうに召し上がっていました。どれもダシがしみていてジューシーでしたね。

 

3f-oden_2010_3 3f-oden_2010_5 3f-oden_2010_4

「おでん」とは、種類が豊富で、実に奥深いものです。お雑煮の餅の形・味付・具材に郷土の特色があるように、おでんにも関東風・関西風のつゆの味、地域特産の具材、ご家庭により定番の具材があります。最近は、トマトやロールキャベツを入れたり、カレー味のおでんなんて奇抜なものも。皆様ご存知でしたか?昼休みの職員食堂では、職員から色々なアイデアが飛び出しました。ダシが出る昆布、がんもどきや豆腐もいいのでは?とか、ちくわぶが入るのは関東だけで、関西では手に入らないらしいとか、タコを必ず入れる地域もある、など結構盛り上がっておりました。また、最近知名度が上がってきた静岡おでんに入る「黒はんぺん」を出して欲しいとのリクエストもいただきました。本当におでんの楽しみ方は無限大ですね。

次回4階で実施する前に、「おでん」を話題に利用者様とおしゃべりを楽しみたいと思います。ぜひおすすめの「我が家のおでん種」を教えて下さい!よろしくお願いします。

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top