指定介護老人福祉施設の東四つ木ほほえみの里 [指定番号1372200541]

お知らせ

3F昼ごはんの仕度(土鍋で炊飯)

昼食前『3Fにて土鍋で炊飯』

本日3階にて、「秋の味覚を満喫しましょう!」と、土鍋を使った炊飯をしました。利用者様と職員・調理スタッフで一緒に、今が旬の生椎茸・舞茸・本シメジ・エノキ茸のキノコ尽くし御飯と、紅あずまを使ったサツマ芋御飯を調理しました。

開始の声掛けと共に、WさんとNさんが、トップバッターとして勢いよくキノコとサツマ芋を刻み始めて下さり、お二人の競演に調理スタッフも目を白黒させ、「スゴ~イ」と唸ってましたよ!全ての食材を刻んでくださるのではと思えるほどのスピードと気合いが感じられましたね。お気持ちに感謝です。
また、ゆっくり丁寧に職員に手を添えられながら、野菜切りを楽しまれた方もおりました。皆様、ちゃんとキノコの石突きを取ってから、どうやるの?こうやるの?と問い掛けながら、上手に刻んでくださり、あっという間に準備完了。

3f_donabe_2010_1 3f_donabe_2010_2 3f_donabe_2010_3 3f_donabe_2010_4 3f_donabe_2010_5
米・調味料・だし汁の入った土鍋に食材を投入して加熱。土鍋の穴から蒸気が上がってきて、美味しい香りに包まれたところで、火は落とし、大事な蒸らし時間。完成した土鍋を持って、皆様にでき立てのキノコと醤油のいい香りを楽しんでいただいてから、実際に食べていただきました。

3f_donabe_2010_6

黄金色のサツマ御飯に「美味しい!」との声が多数聞かれました。
3Fの利用者の皆様の五感を刺激する楽しい昼ごはんの仕度となりました。

☆ほほえみ食通信☆栄養士室

Page top